読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レミイめも

映画や本の感想をお伝えしています。

君の名は。

生きていて
『この人に出会う為に生まれてきた』
と思える出会いがいくつあるだろうか?

いつも誰かを探している。
それは出会った瞬間に惹かれる人。
片割れのような人。

『運命の恋』なんて言うと安っぽい気がしてくるけれど、そんな恋愛がしたいという気持ちにさせてくれる映画。


美しい彗星の夜、伝統、巫女、幻想的な風景。
どんな夢か覚えていないのに、目覚めた時に流していた涙。
自然豊かな村の女子高生と、東京の男子高生の日常。
混じり合い、次第に深まっていく。

奇跡のような一瞬の出会いに伝えたい事は…?



一生のうちに一度でも『この人』と思える人に出会えたら。




(以下9月22日追記)

あまりにも自分の感情というモノが無い感想だったので追記。

話が変わりますが、映画や本の感想をどこかにあげたいなぁ…。
ツイッターじゃネタバレになっちゃうしな…ってトコロがブログの切欠です。

自分の意見や感想を人に伝える練習も兼ねてます。
前述の文章じゃちょっとなぁ…と思い追記しましたw
読んだ人に興味を持ってもらえる記事が書けるようになったら、このブログの目的は達成かな( ´ ▽ ` )ノ?

話を戻しまして『君の名は。』は、私が出会った時からどうしようもなく惹かれた人と観に行きました。
何がどうってわけじゃなくて、出会った瞬間から『あ、私この人の事好きだなぁ…』って直感して、年月をかけて確信しました。

みなさんにもそんな『出会い』あるんじゃないでしょうか?

瀧と三葉は全然違う環境で全然違う人生を送ってきて、不思議な入れ替わりを通じて間接交流するものの直接会えない。
でも多分出会った(入れ替わりに気付いた)瞬間から、お互い惹かれているんですよね。

惹かれあった2人の強い想いと、一瞬の
儚き『本当の出会い』が胸を締め付けます。

ぜひ出会いの瞬間から特別惹かれた人と観に行って、絆を深めていただきたいと思います!